18 コウセイオソルベシ [会津若松市]

管理番号2200 御山・石峯山・石峯・石峰・小山・峰石×

 コウセイオソルベシを広辞苑(第五版)でみると、「後生畏る可し」は載っていますが、「校正恐るべし」は載っていません。この言葉は小学校で習ったような記憶がありましたが・・・。

 2万5千分の1地形図「若松」の真ん中あたり(N37°28’09″ E139°56′38″)に岩屋観音と上下に並んで峰石の表記があります。この峰石については、新編會津風土記の記述などから誤りにきづきました。

「・・・●御山村・・・○山川 ○御山 村より辰巳の方十町計にあり、石峯羽黒樹山の三名あり、昔は石峯特に高く中に巌窟あり、・・・」新編会津風土記 第二巻 雄山閣 昭和35年1月25日発行 140ページ

「・・・蝦夷塚 門田村御山ニ在リ高サ三尺餘周三間許ナリ石峯・羽黒・樹山ノ三アリ昔ハ石峯特ニ高カリシトゾ・・・」昭和42年11月1日 福島県史料叢書刊行会編集発行 福島県郡誌集成 第11集 北会津郡郷土誌276ページ

 国土地理院に問い合わせのメールを送りましたところ、変更は市町村の申請で行うことになっており、国土地理院から市に問い合わせし回答を得て後変更になりました。

 国土地理院では、紙地図の訂正については、今後やらないようですので、地形図を購入しても「石峰」と訂正された地図を購入することはできません。インターネットで閲覧できる「電子地図」では石峰と訂正されていることが確認できます。

 ※自戒の念をこめて「校正恐るべし」

(2012年6月)